▪️

個人キーボードの共有

キーボードは大きく分けて個人キーボードとチームキーボードの2つがあります。

ここでは、個人キーボードの共有方法についてご説明します。

各キーボードの違いについてはこちらの記事をご参照ください。

キーボードの共有方法は2つあります。

  1. メールアドレスで追加
  2. 招待リンクで追加

次のガイドに沿って共有しましょう。

メールアドレスで追加

  1. [メンバーの追加] アイコンを選択し、メールアドレスで追加を選択します。

image

image

  1. キーボードの共有をしたい相手のメールアドレスを入力します。[招待]を押すと入力した相手に招待メールが送られます。

*・・・からキーボードの権限を設定することができます。

image

ここでは、メンバーごとにキーボードの権限を設定をすることができます。

  • 編集可能:共有相手はキーボードを編集、共有、利用できます。キーボードを共有した相手と共同編集を行うことができます。(プロプランのみ選択可能)
  • 共有可能:共有相手はキーボードの共有、利用ができます。共同編集はできません。
  • 利用可能:共有相手はキーボードの利用のみできます。共同編集や共有はできません。

image

  1. 送信をもらった相手はメールから[確認する]を押します。ブラウザとアプリのどちらからでも可能です。

image
image

  1. 招待されたチーム名を確認し、[参加する]を選択します。

参加をしない場合は[参加しない]を選択します。参加するためには再度招待が必要になります。

image

これでキーボードの共有が完了です。

招待リンクで追加

  1. [招待リンクで追加] のトグルをタップします。再度トグルをタップすることで、いつでも共有リンクを使用できないようにできます。
image

  1. 共有相手の権限を選択します。各権限の詳細は以下の通りです。
  • 編集可能:共有相手はキーボードを編集、共有、利用できます。(プロプランのみ選択可能)
  • 共有可能:共有相手はキーボードの共有、利用ができます。
  • 利用可能:共有相手はキーボードの利用のみできます。
image

  1. [リンクをコピー]または[リンクを共有]を選択し、任意の方法で共有したいユーザーにリンクを送信します。
image

  1. 共有されたリンク先に遷移するとTeamBoardアプリが開かれます。
  2. [フォルダに参加して使う]または[フォルダを複製して使う]を選択し、共有完了です。

    フォルダに参加して使う:共有したユーザーのフォルダに参加して使用するので、フォルダ内の変更はリアルタイムで反映され、共有された際の権限によって制限されます。

    フォルダを複製して使うとは:共有したユーザーとは別のフォルダになるので、フォルダ内の変更はそれぞれ反映されません。新たな別のフォルダになるので、共有された際の権限によって制限されません。フォルダを複製して利用する場合個人またはチームのどのキーボードに複製するか選択することができます。

image